toggle

初口上

このたび、いい年をしてホームページを開設することにしました。「電波に乗らないと世の中について行けないぞ」と勧めてくれる人もいて、それもそうかなと思いましたので、年甲斐もなくやってみようかという気持ちになったようなわけです。

ぼく(以下拙老と自称)は今年で満七十八歳になります。七十にして「古稀」といいます。『論語』では「七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず」といっています。八十には該当する言葉はありません。孔子様は長寿社会を想定していなかったようです。

どうやら人間八十歳に近づいたら、心の欲する通りにふるまってよい、そうしても決してルール違反になることはないというお墨付きを頂いたみたいです。老人性アナーキーのライセンスです。歌の文句でいえば、〽嬉しいなうれしいな、爺にゃ学校も試験も何にもない、です。何の束縛もないバラ色の老年が行く手に広がっています。

とは言いながら、拙老も寄る年波、なぜか皺こそあまり寄りませんが———だからかえってキモイという人もあります———年相応にいろいろな患いをしました。現在は足が立たず、ロレツがうまく回らず、左手は自由に動かず、この文章も右の中指一本でパソコンのキーを叩いている状態ですが、まだ頽齢という気がしません。まあ、そんなちょっとヘンな老童を想像して下さい。

〽年波はいづこの岸に寄るやらん

波紋はいずれどこかの岸に到着するでしょうが、拙老の場合は間違っても「彼岸」ではなく、いやになるほどの「此岸」でしょう。それも思いっきり下世話な方面になりそうです。

〽久米仙はおとつい桃の谷に落ち

桃李もの言わねど、樹下はおのずから小道をなす。これからは人だかりのする場所にできるだけ顔を出す所存です。

このホームページを『桃叟日暦』と名付けるゆえんはここにあります。平たくいえば「桃色爺さんの日ごよみ」です。人間、年を取ると老人性鬱病になるか老人性ユーフォリズム(多幸症)になるかのどちらかだそうです。どうせ傍迷惑には違いないのだが、どちらかといえば明るい方がいいと思いまして賑やかなのを選びました。灰色かバラ色か。いい年をしてバラ色というのもナンですので、桃色にさせて頂きました。御同好の士も少なくないかと存ずるような次第です。

さて、「日暦」といっても、毎日の動静を律儀に「日録」に書き綴るなんてのは性分にあいませんので、その辺はまったく融通無碍、勝手気まま、自由形競技の形式で、思いついたことを書き連ねて行こうと思います。

まさか身辺雑事をつづるほど老け込んではいませんので、当分は出版予定の本、その他の予定などで拙老いまだ健在なり、ということの広告にしたいと思います。

というのも、最近ウィキペディアに「この存命人物の記事には、出典が全くありません」といった文章をよく見かけるようになりました。読み直してみると、これはどうも「当該人物は生没不明である」ということの婉曲表現らしいのです。もしかしたら拙老などもいつのまにかこの部類になっているかもしれない。

そんなわけでこの『桃叟日暦』は、さしあたりまず拙老の「生存証明書」として発行され、「オーイ、マダ生キテイルゾ」という第一声をお披露目するものでございます。