toggle

世の中は三日見ぬ間の桜かな

しばらくご無沙汰しました。弱り目に祟り目とはよくいったもので、帯状疱疹が出たのと相前後して今度はパソコンがクラッシュし、外部との接触が 一切できない状態になってしまいました。かくてはならじと一つ一つ復旧を重ね、現にこうしてホームページの更新ができるまでになりました。ちょうど3月初めの10日間がブランクになったわけです。本頁は復活第1号に当たります。

世の中は3日見ぬ間の桜かな、という俗諺の通り、この1旬日の間に世界は大きく揺れ動きました。「悪」の枢軸と「善」の枢軸がニコヤカに会談しようというのですから、地球はいよいよ大喜利総踊り状態です。世界は壮大な悲劇的破局ではなく、一場のアナストロフ(躁状態的破滅)のうちにごく喜劇的に終焉を迎えるだろうという拙老の予測にまた一歩近づいたとイヒイヒ嬉しがっています。そういえば昔の1939年、スターリンとヒトラーとの間で独ソ不可侵条約が締結された時、当時の日本の平沼騏一郎は「国際情勢は複雑怪奇なり」という名言(?)を残して内閣総辞職しました。今日の世界もそれに劣らぬくらい不可解なのですぞ。

メイラーがダメになったのでアドレス帳も全滅しました。こちらからは出せません。受け取る分はダイジョブらしいから、ぜひご一報下さってアドレス帳復旧にご協力願います。