toggle

「囀りに」歌仙の初オ5選句

お待たせしました。「囀りに」歌仙の初オ5公募の候補作が揃いましたので、選句をさせていただきます。応募作は全部で3句ありました。次の通りです。

いつのまに稲穂ゆらめくよひの月   湖愚

家々につひに月見ぬ芙蓉かな     花丁

旅せんか下つ弓弦る月つれて    三山

このうちから、捌き手(桃叟)の独断と偏見で、三山子の「旅せんか」を選びます。日々細くなってゆく「下弦の月」(もちろん秋の季語)を旅路の友とするなんて、さすが老境ならではです。さっそく「囀りに」句順表xlsx.の初オ5の欄に書き加えて置きました。御参看ください。「囀りに」句順表。

なお、三山子は桃叟の早稲田時代からの旧友です。このたび久闊を叙して御投句下さいました。この年までおたがいに「散々」な目に遭ったなというのが「三山」の由来らしい。西国の連衆諸兄姉にお披露目致します。

次の公募は初オ6の「折端」、秋の短句です。ご投句をお待ちします。  桃叟敬白。

 

 

 

 

 

コメント6件

 三山 | 2019.08.01 14:40

六句目お送りします。
「丈の短き陸奥(おく)の稲刈る」(三山)

このサイトの写真で野口さんの現在の様子を知ることができるのですが、どうしても元気なころの野口さんが頭の中に現れ写真とうまくつながりません。お会いしたのはもう四十数年前ではないでしょうか。兎にも角にも長生きしてください。

 ugk66960 | 2019.08.04 19:07

三山殿。立て続けにご投句ありがとう。いつもみごとなご手腕に感服します。ど
こかで修業されたのでしょうか。

6句目のご投句は大変嬉しく、かつ水準以上のものとは思いますが、36句進行
の捌きということを配慮しますと、5句目・6句目の作者が連続することになり、連
衆の公平な構成上いささか不都合なことになります。

その点お含みいただいて、適当な間合を置いて再び三たび御出句下さるようにお
願いできますでしょうか。

〽老い武者は相見たがひのレアメタルこがねしろがね玉もものかは

桃叟敬白

 湖愚 | 2019.08.04 20:43

*異国語手ばや乙女子らはも

「折端」参加句です。
猛暑の候になると極寒の方が防ぐ手立てはあるのにといつも思います。

 湖愚 | 2019.08.07 21:36

なんとかほぼ同じ趣向で季節感を出してみました。
前作は取り下げます。
お手数かけます。
*異国語通じ鰯雲見る

 倉梅 | 2019.08.10 12:21

僭越ながら、六句目失礼いたします

同封されし紅葉葉ひとつ

 三山 | 2019.08.13 8:31

野口さんとの練習以来、両吟を二度ほどしましたが、素人では埒が明かずに終わってしまいました。今回は作法を弁えす申し訳ありません。これからは折り折りの投句ということでご寛容のほどを。

コメント





コメント

画像を添付される方はこちらで画像を選択して下さい。