toggle

連句グループ復活 『昭和昔話集』3

『昭和昔話集』3:「タンカは死なず」

評判のテレビドラマ『半沢直樹』の最終回は視聴率が34.75%と最高だったそうだ。この高人気はどこから来るのだろうか。おそらく主人公が「三人揃えて千倍返しだー」と胸のすくようなタンカを切る場面だろう。

たしかに、今までじっと忍耐し、我慢に我慢を重ね、溜まりに溜まった鬱憤うっぷんを一度に吐き出すシーンは痛快だ。視聴者はこのタンカを待ちかねていたのである。日頃、勤め先の上司の専横・独善・無理解などに悩まされ、半沢の立場に深く感情移入し、ストレスを溜め続けていた多くの視聴者が主人公にすっかり自己同化できる場面だった。しかしその大ウケは、主人公半沢および堺雅人という主演役者の人気以上に、タンカを切ることそのもののうちに用意されていたのではないかという気がする。

歌舞伎の舞台では、日頃頭の上がらない相手に威勢よく悪態をつく場面は一幕のハイライトであり、見せ場であり、タンカ(啖呵)は一種の口上芸であった。見物客は舞台で啖呵を切る爽快感を共有する、いわばそれに共同参加するために芝居小屋へ足を運ぶのである。現代日本でテレビの視聴者が画面に釘付けになるのも同じことだ。

ここでは芸の様式がまずあって、それから筋書が来る。見たいのは半沢直樹よりもむしろ半沢の啖呵場なのだ。だからこの場面では、もともと歌舞伎仕込みの澤瀉屋中車の顔芸が生きる。さすがに「赤っ面」ではないが、さんざん悪役で揉まれた苦労が凄みとして滲み出る。堺雅人のマスクはいまだ白塗りで甘い。政界の黒幕を演じた柄本明も、ラストの土下座で悪役が「半道化」になってしまった。尾。

*       *      *     *

「庭玖追善六吟半歌仙」への参加お願い

長らくお待たせしました。連句の興行が時疫のせいでずっと中断していましずっとたが、このたびやっと復活する運びになりました。この際思い切って粧いを変えて新しくスタートし直してみるつもりです。「囀りに」歌仙を15句目で中断するのは残念ですが、考えてみればうまくいかなかった原因がいくつもあります。

一つには、興行の運び方として「出放題」にこだわったこと。歌仙の運営は、各句ごとに連衆すべてが付句を投ずる「出放題」とあらかじめ定まったメンバーが決まった順序で代わる代わる句を付けて行く「膝送り」とに大別され、「膝送り」には両吟・三吟・四吟・五吟・六吟などがありますが、「囀りに」歌仙では「出放題」にした結果、連衆が多過ぎ、めいめいが「誰かがやるだろう」といわゆるお見合い状態になりがちでした。それに捌きの桃叟が自分の個人的な好みを押しつけたキライもあります。そんなこんなで反省点しきりです。

これからは付句に小むずかしい注文は付けません。まあ「雑俳歌仙」とでも言った気持で気楽に行きましょう。「季」と式目さえ守れば、後は何でもOKです。

今回は、連衆6人の六吟半歌仙(18句)でひとまず再出発することにしました。多少トップダウンの気味がありますが、御勘弁下さい。

順序と配分は添付ファイルで送る「句順表」の通りです。人選に不満がおありかもしれませんが、本興行の趣旨は「玖庭追善」にありますので、亡妻芳子――テニス(庭球)が好きだったので俳号は「玖庭」です――、故人と顔見知りだった人々を揃えました。この「六吟半歌仙システムがうまく行くようだったら、次回以後はどんどん顔ぶれを入れ替えて進めてゆくつもりです。連衆に指名された諸兄姉のご協力を願います。

さしあたり「文音ぶんいん」方式で進めます。順番に御投句を桃叟宛てにお送り下さい。不肖桃叟が書き留めさせていただき、「句順表」にも書き加えます。ではまず脇句の碧村子からお願いします。庭玖追善六吟半歌仙句順表

コメント7件

 綺翁 | 2020.09.29 18:53

第3句
未熟者盥の月を掻き混ぜて 綺翁

次は熊掌さんですよ

 ugk66960 | 2020.09.29 23:15

おみごと。テが上がったね。熊掌君の訓導をよろしく。至急ラインを開通せよと、メールで厳しく言ってやった。

 熊掌 | 2020.09.30 19:43

第4句

 鏡を割りて 新酒を酌む  熊掌

 厳しく言われても、できないものはできない。生まれて初めて師匠に口答えする熊掌。里女さま、お次よろしくお願いいたします。

 綺翁 | 2020.10.07 10:31

仰ぐ夕空に虹の橋見ゆ 蘭蘭

イカロスの燃えそこないが多くいる 綺翁

次、熊掌さんですよ。宜しく。

 ugk66960 | 2020.10.07 13:18

やかましいことをいうようだが、ここは句順表どおり「夏または冬」の季語をいれてもらいたい。勝手に「雑」にしてもらっちゃ困る。

 匿名 | 2020.10.07 18:20

イカロスの句を夏で差し替えです。

蛍火を魂とおもひて消えやらす 綺翁

です。熊掌さんよろしく。熊掌さんは雑で良いのですかね。

 熊掌 | 2020.10.10 10:12

 折立 1句目
 蛍火を魂とおもひて消えやらす 綺翁

 というわけでした。 
 2句目

 紅旗翩翻 須磨の浦波  熊掌

 蛍とくれば、やはり「源平」かと。里女さん、よろしくね。

コメント





コメント

画像を添付される方はこちらで画像を選択して下さい。