toggle

桃叟お披露目三題

⑴『令二冬六吟半歌仙』首尾よく満尾お披露目。

10月1日にスタートしたこの半歌仙はテンポよく進み、このたび11月16日に満尾完結致しました。連衆諸兄姉の精進いちじるしく、ご勉強の様子が窺われます。だんだん連句がルコト一句立てとは違う「対話」であることの呼吸が呑み込めてきたようです。満尾3句を紹介します。

港の端は鯛網干したり        熊掌
昼は嵯峨夜は祇園の花を見て  三山
ワラビタラの芽山里豊か       綺翁

なお全句に御興味がおありの向きはご参照。令二冬六吟半歌仙句順表

⑵なお12月6日に予定していた「令二冬」満尾記念の集まりは、コロナ情勢の全国的悪化のため、残念ながらしばらく延期します。

⑶第3回興行は、『令二歳暮六吟半歌仙』と名付け、11月21日発起として挙行します。連衆6人は変わりなし。句順は多少入れ替わりますが、明細は令二歳暮六吟半歌仙句順表 を参照のこと。蘭々・里女の二子に正客・脇をお願いします。よろしく。

コメント





コメント

画像を添付される方はこちらで画像を選択して下さい。